軽自動車を廃車にする方法

廃車の方法は2種類

自動車を「廃車」にする方法には主に2種類あり、使用している自動車を一時的に使えなくする「一時抹消登録」と、二度と使えなくする「永久抹消登録」とがあります。

どちらも廃車にする方法のひとつで、届け出た自動車で公道を走ることができなくなりますが、それぞれの廃車方法の違いはどのような点なのでしょうか。

まず一時抹消登録はその名の通り一時的に自動車を使えなくする方法で、届出をすると自動車税や自賠責保険などを支払わなくても良くなります。

この場合は再登録をすれば再び自動車として使うことができるようになるので、長期にわたって海外に出張・旅行する場合や、入院などの理由で長期間運転をしないけれど、再度自動車として使用する可能性がある場合などに利用することもあります。

また一時抹消登録をしてから解体業者などに依頼して自動車を解体し、解体届出をすることも可能です。

永久抹消登録はその自動車を二度と使えなくする方法で、廃車にする自動車をまず解体してから廃車手続きをおこないます。

自動車の解体をしてからでなければ永久抹消登録の届出をすることができないので、廃車にしようと思い立ってから手続きを完了させるまで時間がかかることもありますが、逆に言えば解体してしまえば1度の手続きだけで廃車手続きを完了させることができる方法です。

二度と使用しないと決めているなら永久抹消登録、使用する可能性や売却できる可能性が残っているなら一時抹消登録、という使い分けができるというわけですね。

一時抹消登録は自動車を解体しなくても自動車を使えないようにできるため、月替わりなどで自動車税の還付手続きを急ぎたい場合などは、一旦一時抹消登録をしてから自動車の解体依頼をすると、払わなくてもいい税金を支払う必要もなくなります。

廃車手続きをする自動車を再度使用する可能性があるのか、手続きを一度で済ませたいか、還付金のタイミングなどによって廃車登録の方法を選ぶと良さそうです。

廃車を業者に頼んだらいくらかかる?

一時抹消手続きにしろ永久抹消登録にしろ、所有している自動車を廃車にするには手数料やリサイクル料などの費用だけでなく、書類を揃えたり自動車を業者に持ち込んだりと手間がかかります。

廃車手続きをすべて代行業者などに依頼することもできますが、その場合はどの程度の費用がかかるのでしょうか。

廃車手続きの代行依頼をするには、書類手続きを代行してくれる行政書士か中古車の買い取り業者、廃車代行業者を探して申し込むことになります。

行政書士に依頼する場合は書類の提出や発行など、廃車手続きの一部だけを依頼することも可能で、どんなことを代行してもらうかでも必要な費用が変わります。

書類の提出や発行を1部だけ依頼する場合は数千円で済みますが、廃車手続きの全てを依頼する場合は少なくとも1万円前後の費用がかかります。

行政書士による業務にかかる費用はそれぞれの行政書士や事務所によって異なるため、場合によってはもっと高くついたり、安く済んだりすることもあるでしょう。

代行費用のほかにかかるリサイクル料や書類の発行料金、手数料などは実費で必要となるので、代行費用とあわせて最低でも2万円程度必要となります。

買い取り業者や廃車専門業者などに自動車の引き取りと廃車手続きを代行してもらう場合も、かかる費用はそれぞれの業者によって異なります。

引き取って廃車にする自動車を自社解体しパーツ売却などで利益を得られる業者なら、どんな自動車でも無料で引き取り廃車にしてくれる、というサービスをおこなっていることがあります。

自動車の状態によってはいくらか費用がかかることがありますが、インターネットの一括査定サービスを利用することで、廃車にする費用がどの程度かかるのか複数の業者からの見積もりを取ることも可能です。

廃車に必要な費用の見積もりを待っている間にも時間は経っていきますから、納得のいく見積もりがなかなか取れない場合は、廃車手続きで還付される税金や解約できる自賠責保険のことを考えて、自分で廃車手続きをおこなった方がお得になるということもあるかもしれません。